出稼ぎをして風俗店に勤務をするということは、一般的な風俗勤務と異なる部分があります。
それは、別の土地で働くということです。そのため、仕事内容だけでなく新しい土地そのものに慣れなければなりません。
特に地方から大都市圏に出稼ぎをした方ですと、電車の乗り継ぎなども知っておく必要があります。
それとは逆に大都市圏から地方へ出稼ぎに行く場合、いきなり車社会に慣れなければならないこともあるのです。
そのため、いきなり長い労働時間で働くことは大変です。
生活に慣れるまでは自分のペースで労働時間を決めましょう。張り切り過ぎてしまうと続きません。

出稼ぎをするのであれば、エリア毎による風俗店の特徴を知っておきましょう。
中には沖縄や温泉街などの観光スポットへ出稼ぎを考える方は多いですが、こういったエリアの風俗店ですと夜間が忙しい傾向にあります。
観光スポットは昼間に観光を楽しむ方が多く、夜にお酒を飲んでから風俗店へ繰り出す男性が多いのです。
そのため、働く女性は夜間が忙しくなります。
深夜になりますと客足は少なくなりますので、労働時間は夕方から夜12時ごろに集中すると言えるでしょう。
また、地方も夜間の方がお客さんが集中する傾向にあります。観光スポットの風俗店と同様と考えてください。

観光スポットや地方ではなく、東京など大都市圏に出稼ぎをする方も多いことでしょう。
こういったエリアですとどういった特徴があるのでしょうか。
新宿や渋谷、池袋のような歓楽街ですと、24時間お客さんがやって来ます。
そのため、自分の好きなように労働時間が決められるでしょう。
さらに、都内のエリアによってジャンル分けがされています。
渋谷はギャル系が多く、鶯谷は熟女系や人妻系が数多くあります。
巣鴨や大塚、高円寺ですとピンサロがあります。
そのため、東京に出稼ぎに行くのであれば自分に合ったジャンルのあるエリアを選んでください。

出稼ぎで風俗店を選ぶ際に注意したいのは、何より「安定してお客さんのやって来るお店を選ぶ」ということです。
観光地に出稼ぎをするのであれば、観光客のやって来るシーズンはある程度決まっています。
沖縄などのリゾート地であれば夏が忙しくなりますし、スキー場などの近くは冬場に忙しくなります。
そのため、これらを考えることで効率良く稼ぐことが出来るのです。
また、年末年始、お盆、ゴールデンウィークなどに短期集中で出稼ぎをするという方法もあります。