風俗の出稼ぎを考えているのであれば、出稼ぎによるデメリットも知っておかなければなりません。
最も大きなデメリットは、「お金を使い過ぎることがある」ということでしょう。
中には出稼ぎで東京や大阪へ行く場合もありますが、そういった大都市圏にはショッピングスポットやアミューズメントスポットが多いことから、誘惑も増えてしまうのです。
そのため、せっかく風俗で稼いだお金を無駄遣いしてしまうこともあります。
多くの女性はお金を貯める目的で風俗の出稼ぎをするものですが、逆に散財してしまっては意味がありません。
そのため、誘惑に負けない気持ちが必要です。

大都市圏ではお金を使い過ぎる可能性がありますが、それ以外にも散財をする可能性のあるエリアもあるのです。
代表的なエリアはリゾート地でしょう。
リゾート地とは誰もが開放的になることから、普段風俗遊びをしない男性だったとしても、リゾート地に限って風俗遊びをするケースがあるのです。
そのため、リゾート地には多くの風俗店が存在しています。
こういった風俗店への出稼ぎにも誘惑が多いため、お金を使い過ぎることがあるのです。
もちろん、最初から遊びを兼ねて出稼ぎに行くのであれば問題ありませんが、お金を貯める目的ですといつまで経っても貯金出来なくなるでしょう。

また、出稼ぎによってはまったく知らない土地へ行くこともあります。
全国には数多くの風俗スポットがありますが、その土地によって個性があるものです。
この、土地による個性がデメリットになることもあります。
特に関西圏などは関東圏と比較して文化は大きく異なるため、生活がしづらくなることもあるのです。
そのため、文化の異なるエリアへの出稼ぎを考えているかたは、そういった部分に注意しましょう。
さらに、文化以外に気候も大きな影響を与えます。
北海道・札幌のススキノは全国トップクラスの風俗スポットですが、雪に慣れていない方にとってススキノの冬場の生活は大変でしょう。

日本にはさまざまなジャンルの風俗があることから、どのような女性でも働くことが出来ます。
熟女系や人妻系、ギャル系などジャンルは細分化されていますが、マニアックなジャンルですと東京や大阪など大都市圏でなければ存在していません。
地方から上京するのであれば問題ありませんが、逆に東京に住んでいてマニアックなお店に出稼ぎを考えている方は注意しましょう。
自分に合ったお店があるのか事前に調べておきましょう。